Make your own free website on Tripod.com

これまでの流れ

このサイトが開設されてからの流れです。
私はそれ以前からこの運動を知っていますが、
詳細は記録していませんでしたので、ここでは省きます。

6月1日まとめサイト開設
民主党が「次の内閣」で人権侵害救済法案を閣議として了承
6月2日真の人権擁護を考える懇談会の法案修正案に対して、法務省はゼロ回答
6月3日与謝野氏の「いざとなったら、私の職権で政調審議会を通してもいいんだよ」発言が報じられる
6月5日自民党の街頭演説で武部幹事長に突撃。しかし与謝野氏は敵前逃亡。同時刻VIP板が攻撃される
二階総務局長、部落解放同盟和歌山県連合会の会合で、今国会に提出し成立を図る決意を強調
6月8日党三役が落ちた、自民党上層部は修正なしで法案の成立に全力を挙げる。との情報(真偽不明)
「SAPIO」6/22号発売
6月10日第2回反対集会(6月19日午後、日比谷公会堂)の開催が告知される
「FRIDAY」6/24号発売
6月11日共産党が自民、公明のみならず民主党とも敵対し「まっとうな野党はわが党だけ」とアピール
6月15日チャンネル桜で特別番組が放送される
21日よりネット規制が実現可能なものから順次実施されると報じられる
(TBSラジオや工作員?のレスから考えると、最初に2chが狙われます)
6月16日与謝野氏の「私の職権で法案提出を強行することはない」発言が報じられる
国会延長が8月13日までの55日間に決まる
「週刊新潮」6/23号発売
6月19日集会は大成功でした
6月23日政府・与党が法案を七月三日の都議選後に国会に提出する方針を固めた(中日新聞)
6月24日刑法などの改正案(共謀罪・サイバー犯罪法案)が、衆院法務委で審議入り
総務省はネット対策のため「有害情報判定委員会」を創設すると発表
選挙男こと谷智彦氏が立候補
6月27日総務省は、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。
6月30日兵庫県篠山市(24日)、大阪府岸和田市(22日)、外国人参政権条例可決。
同和など人種差別問題で国連特別報告者が日本を調査すると発表。
7月3日都議選、公明は全員当選、民主は大躍進、選挙男は得票1,478(得票率1.8)
7月5日郵政は可決。僅か5票差でした。
7月6日古賀氏が反対派の平沼氏、安倍氏、古屋氏と極秘に会談。互いに譲らず。
7月8日古賀氏と与謝野氏が協議。部会での手続きを終えたという認識を確認。
7月13日古賀誠元幹事長らと平沼赳夫元経済産業相らが、都内のホテルで会談。お互い譲らず。
7月14日平沼氏が古賀氏に協議を打ち切る考えを伝えた。
7月17日与謝野氏が、反対派は「不勉強と言うか、勉強能力が無い」と発言。
7月23日マスコミが相次いで「人権法案、今国会見送り」と報じる(中日、共同、産経)。
与謝野氏らは「次の国会で修正なしで提出する道筋をつけたい考え」と報じられる(TBS)。
7月25日部落解放同盟が集会を開く。それによって民主党に動きが。
日本政府が中国全域にビザ発給拡大。
7月27日民主党の仙谷由人政調会長が、対案を週明けにも提出する方針を明らかにした。
8月1日反対派の永岡洋治議員が死去。遺書は見つかっていないが、警察は自殺とみている。
民主党案が衆議院に提出された。
8月4日新しい歴史教科書に反対する団体は中核派と判明。その上、暴行の現行犯で逮捕された。
8月8日郵政民営化法案は、白票108票、青票125票で否決。
衆議院解散・総選挙へ。8月30日公示、9月11日投開票。
8月11日郵政民営化に反対した37人全員に対し、対立候補を擁立。欠席・棄権は全員を公認すると発表。
9月11日衆議院総選挙、投開票。人権法案反対派の造反議員12名のうち、5名が当選、7名が落選。
9月12日「人権強調月間」にちなみ、自由同和会京都が「もっと人権を」など
街頭啓発活動を繰り広げ、人権法案の早期成立を訴えた。
9月18日テレ朝のサンデープロジェクトで、櫻井よしこ氏が人権法案の危険性を話す。
それに対して自民党の中川氏は、「まぁ提出されると思いますけど」と発言。
9月29日民主党の議員が人権法案について質問し、小泉首相は国会に提出すると回答。
10月5日鳥取県議会に人権救済条例が提出された。
10月7日古賀、与謝野両氏が、今国会への人権擁護法案の提出を見送ると発表。
10月12日鳥取県議会で人権救済条例が可決された。